プロペシアの売上

 

プロペシアとは男性型円形脱毛症の治療薬のことです。
男性型の脱毛症とは、毛髪が細くて短くなることで症状が進み、生え際が後退したりするM型や頭頂部が薄くなり地肌が見えてくるというO型の「ハゲ」に有効な成果を与えます。
また、世界初の飲みタイプの発毛剤として世界各地で大ヒットしたものでもあります。
日本国内でもメジャーな治療薬です。
ですが、最近になってプロペシアの売上が減少しています。
理由の一つには、ジェネリック医薬品の登場にあります。
同じような効き目があるのなら、より安い価格のジェネリック医薬品に消費者が流れてしまうのも致し方ありません。
さらには、ポスト・フィナステリド症候群という副作用が公表されたことも要因の一つです。
これは、リビドー減退」や「勃起機能不全」「射精障害」などの症状が、「投与を中止した後も持続」するというものです。
いわゆる、男性版更年期症状といった状態なのかもしれません。
薄毛を改善するためにプロペシアを服用したにもかかわらず、逆に男性ホルモンを補充治療を受けることになったら本末転倒です。
これだけの副作用が報告されると、怖くなって服用する方は減るでしょう。
このように、プロペシアの売り上げの減少は、ジェネリック医薬品の登場と副作用の報告から減少に至っています。