プロペシアとAGAの悪化

 

 

毎日の食事がAGAの原因となっている、ということを知っていますか?
毎日の食事がAGAの直接的な原因になっているとまでは言いませんが、症状を悪化させてしまっている可能性があるのです。

 

脂の多いもの、甘いものを摂取し過ぎていると血液はどんどんドロドロになってしまい、髪の毛を作っている毛母細胞に栄養をしっかりと届けることができなくなってしまうのです。

 

さらに、熱量の多いものを食べると、同時に熱が溜まりやすくなってしまい、ジヒドロテストステロンの生成を活性化させてしまう可能性が高くなります。
栄養バランスが良くない食事というのは身体の新陳代謝が低下してしまう原因になりますし、様々なデメリットがありますので肉類ばかりではなく魚や豆類もしっかりと摂取するように心がけてみるようにしましょう。

 

AGAが悪化して抜け毛のスピードがどんどん速くなり、まだまだ若いのに薄毛になってしまう方というのは非常に多いです。
そのため、AGAを悪化させないようにするためにも、抜け毛のスピードを少しでも遅くすることができるようにしなければなりません。

 

もちろん規則正しい生活を送っていてもAGAを100%改善できるわけではありません。
それでもAGAを少しでも発症しにくくする、という目的においては重要なことなのです。