プロペシアで薄毛を改善

薄毛というのは薬剤で治療をする時代だということはよく知られています。
薄毛というのは偏ってしまった栄養バランス、ストレスの蓄積といったものが原因となって薄毛を発症してしまうようになります。

 

この薄毛を発症してしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか。
ある程度改善をすることができる可能性はあるのですが、CMなどで紹介されているように薬剤を使用するというのが一番です。

 

薄毛を改善するには薄毛に効果的な薬剤を使用するのが良いのですが、ここでおすすめなのがプロペシアです。
この薬剤は薄毛の解消を目的としているのですが、世界的に見ても多くの方が使用しているのです。

 

日本においても認可されているので、厚生労働省において安全性も確認されているということになるのです。
この薄毛というのは男性だけではなく女性にも起こりやすい病気です。

 

この薄毛の原因としてAGAがあるのですが、このAGAはホルモンが深く関係しています。
ホルモンを抑制することで髪の毛を健康的に髪の毛を育てることができます。

 

そして髪の毛を自分の理想的な状態に改善していくことができるはずです。
プロペシアはAGAはに対して高い効果を期待することができますので試してみてはどうでしょうか。

 

プロペシアで男性型脱毛症で改善

男性で薄毛の悩みを抱えている方は非常に多いです。
その大半が男性型脱毛症が原因となっている薄毛であると考えられます。

 

一般的に、男性ホルモンが多量に分泌されると薄毛を発症しやすくなるといわれています。
しかし、これは大きな間違いです。
男性型脱毛症による抜け毛のメカニズムですが、これはテストステロンと呼ばれるホルモンが5α還元酵素と結合してしまいます。
そして結合するとジヒドロテストステロンという物質に変換されます。

 

ジヒドロテストステロンが毛根にある毛母細胞に影響を与えることで髪の毛の成長を阻害してしまうのです。
このことからも男性ホルモンの分泌量が多いとはげやすい!なんて思われがちですが、変換されたテストステロンだけが薄毛の原因となるのです。

 

また、個人差も大きいのですが、テストステロンが多いとしてもジヒドロテストステロンに変換されない方もいます。

 

ジヒドロテストステロンに変化する人だとしても毛髪に一切の影響がでない、ということもあります。
つまり、薄毛の原因が男性ホルモンの分泌量だけとはいえないわけです。

 

男性型脱毛症を引き起こすタイプというのは、ジヒドロテストステロンによって毛母細胞が影響を受けやすい場合には薄毛を発症してしまう場合があるのです。

 

プロペシアのデメリットって?

AGA治療薬として優秀なプロペシアですが、このプロペシアには使用時におけるデメリットもあります。
サプリメントのような毛のう食品とは違い医薬品になりますので、身体に副作用が起きるというのは仕方のないことではあります。

 

そこで、プロペシアのデメリットについていくつか考えてみましょう。
まず飲み方が大切です。

 

プロペシアは飲み方を間違えてしまうと身体に害が出ることもあります。
プロペシアを服用することによって頭痛、下痢、下腹部痛といった症状が出ることもあるのですが、用法用量を守っていればまずこのような症状が出ることはないでしょう。

 

また、精子の数が減少したり、勃起不全を引き起こす、という副作用も報告されています。
これは男性ホルモンの働きを抑制することによるものです。
ある意味、プロペシアの効果の1つでもあります。

 

このように、プロペシアというのはしっかりと正しい使い方をしていれば身体に負担がかかるようなことはありません。
しかし、用法や容量を守らずにいると身体に負担がかかってしまいますので用法用量はしっかりと守るようにしましょう。

 

どのような薬剤でも、用法用量を守らなければ副作用を起こしてしまう可能性はかなり高くなりますからね。

プロペシアの正しい飲み方

男性ならAGA「男性型脱毛症」が、気になるのではないでしょうか。
現在、5人に1人、また3人に1人は男性型脱毛症になっていると言われる程、男性にとっては身近な脱毛症です。
なぜ、これだけ男性に多く見られるのかというと、男性ホルモンが大きく関わる脱毛症だからです。

 

男性ホルモンのテストステロンが、5αリアクターゼという還元酵素によって、ジヒドロテストステロンに変化する事があります。
ジヒドロテストステロンは毛根部分にある毛乳頭に作用し、髪を抜けやすくしたり、生えにくくしてしまうのです。

 

ホルモンが関係している脱毛症という事もあり、頭皮マッサージなど外側からのケアで薄毛をストップできませんが、プロペシアという内服薬による治療で、改善は可能となっています。
プロペシアは5αリアクターゼの働きを抑制し、ジヒドロテストステロンの生成を抑える効果のある薬です。
服用する事で、徐々に髪は生えてくるでしょう。

 

プロペシアの飲み方ですが、1日に1回1錠を飲み続けます。
食前や食後など飲むタイミングは決められていません。
ですが、飲み忘れてしまうと効果が薄くなってしまうので、自分で飲む時間帯を決める方法もお勧めです。
服用する際は、他の医薬品と同じく水を選びましょう。

 

プロペシア

 

更新履歴